文化

嘘はつくのが悪いのか?つかれる方が不用心なのか?

選挙が終わりましたね。

テレビで色々当落の分析をしていて、候補者の演説が流されたりしていました。

落選した人の演説には「私が日本の政治にはなくてはならない存在なんです!」と堂々と上から目線で言い放っている人もいて、色々な疑惑をもろともしない発言に反って関心してしまうほどでした。

又、楽しい話題ではBIG BOSS SHINJO さんが日ハムの監督に就任して、記者会見で言いたい放題でしたね。

お偉いさんを横にして「優勝なんて狙いません」と断言してました。優勝して「俺のおかげだ!」って言いたいんでしょと思います(そんなSHINJOさん大好きです)

嘘にもいろいろありますね。

フィリピン人も南国の人の代名詞のように「いい加減で調子がいい」という所から、嘘ばかりついているところがあると思います。

そこで今日は清廉潔白で威風堂堂とし、完全無欠で勧善懲悪を目指すあなたには許しがたい「嘘」について考えたいと思います。

うそはどちらが悪いのか?日本の考え方とフィリピンの考え方?

日本からフィリピンへ行った時に、本当に困ったことがありました。それはフィリピン人は平気でうそをつくということです。

明日絶対に9時に行くから待っててね」と言われ10時になっても来なくて電話をすると明らかに後ろでテレビの声がするのに

今向かっているけど交通渋滞で大変なの、きっと交通事故で渋滞しているのね!

と言われたりします。

これ日本人なら「お前!嘘つくな!!!!!!」って怒り心頭ですよね。

でもフィリピンじゃ「あ、そう!早く来てね」で済ます人もいます。気が付いていないのかと思い、話してみると「テレビの声聞こえていたね」と分かっている様子。

では、私なりに日本とフィリピンの嘘にたいする考え方の違いを比較してみました。

日本の嘘に対する背景と気持ち

侍魂を美しいとする日本

日本は歴史をみるとまさに「侍の国」です。

正義を貫ぬき、自分の非は認め潔く切腹するのが美学!

みたいな倫理観があります。

嘘は往生際が悪いと言われるみたいに、うそつきと言われるぐらいなら死を選べ!みたいな気持ちが強いですね。

平和な国日本

それが成り立つのは、日本が平和だからだと思います。
多くの人が嘘をつかないで暮らしていけるからです。

周りも嘘をつかないですし、そういう環境で暮らしていくからこそ「嘘」が悪い存在として際立って見えてきます。

つまり相手を疑うことは良くないという性善説に基づく考え方が根本にあると思っています。

優しい国日本

だから失敗しても、潔く認めればそれ以上は責め立てないところもありますね。
慈悲の心をそういう場面で発揮して、失敗したひとにチャンスを与える優しさがあると思います。

フィリピンの嘘に対する背景と気持ち

支配されていたフィリピン

フィリピンの歴史は「支配」の歴史です。支配していたのではなく、されていた方です。

世界一周をしたマゼランがキリスト教を母体にフィリピンをスペインに植民地として支配がはじまりました。

ようやく300年以上経って独立のチャンスが巡ってきても、結局はその後50年間にアメリカの支配を受けたのです。

さらに、第二次世界大戦では日本に支配されてしまい、奪還を図るアメリカと激戦がフィリピン本土で繰り広げられました。

多くのフィリピン人が理不尽な死を経験して非業の死を迎えています。

濡れ衣を着せられ処刑された記録もたくさんあります。

そんな中でフィリピンでは生きたいという気持ちが大切にされてきています。

又、国民の90%以上が信じるカトリックも

生死は神の御心で決められているとしています。

神様以外が与えられた命をどうするか決められないのです。

自殺はそんな命を勝手に捨てる罪だと考えられています。

だから「正直に罪を認める=殺される=神様に命を粗末にしたと罪を着せられる」となるのです。

助け合う中で頼られる意味が重いフィリピン

別の例ですが、フィリピンのすデパートでトイレに行きたくなって人に尋ねることがあるます。
尋ねた人はにこやかに「ここを真っすぐ進んで右に行くとあるよ」と教えてくれます。

その通り進んでもありません!

そこで別の人を捕まえてトイレの場所を尋ねると「ここを真っすぐ戻って左にあるよ」と笑顔で教えてくれます。

、、、、それって元いたところに戻ってしまいます。もちろんトイレはありません。

昔、フィリピン人に「なんで、こんなにいい加減なこというの?聞いた人もトイレの場所知らないんでしょ?」と聞きました。

その答えが衝撃的でした。

「きっとトイレの場所知らないと思うけど、こんな多くの人の中から自分を選んで頼ってくれた人に恥ずかしくて知らないなんて言えないでしょ。だから一生懸命考えて答えたんだと思うよ」

でした。知らない事は考えても知らないなんですが、、、、

理不尽が横行する中で、困った人に助けを求められたら絶対に安心させてあげるように何かする!

そんな気持ちが大切なんですね。

それなら一緒に尋ねて欲しかったけど、、、

優しい国フィリピン

なので、フィリピンは嘘をつくということは、生きる上で必要であり、必死になっている人を追い詰めるのは良くないと思う気持ちがあります。

嘘に対して自分が不利益をもたらされても相手の命を奪うことが無いようにさらっと水に流すことを心がけます。自分も嘘をついても生き延びようと出来るようにです。

基本は疲れる方が不用心だと思うけど

世界でみれば、きっと支配されている国の歴史を持つ国の人の方が多いはずです。

だからフィリピンのように
「嘘をつく方」と
「嘘をつかれる方」
どちらが悪いか?という2択に関しては
「嘘をつかれる方」と答える方が多いと思います。

そうしないと

自分のついてきた嘘が自分を責め立てること

になるからです。

だから、いい加減なことをいわれても、出来るだけ気にしないを心がけることもありかなぁと思います。

と言うことで、ここまで書いてきたことは全部うそです、、、、

となっても許して下さい。生き延びたいです(笑)
(憎まれっ子世にはばかるから大丈夫とも言わないでください。愛されたいです)

マリア像

シマラ教会の奇跡を起こすマリア像

シマラ教会

たくさんの奇跡が起きたと言われて多くのフィリピン人がお参りする大きなお城のような教会

 

竹原浩二

竹原浩二

38歳の時サラリーマンを辞めセブ島でボランティアと旅行会社勤務経験🌈 現在フィリピン観光省大阪勤務🇵🇭経験を生かし留学案内を大学や旅行会社で講演👨🏻‍💻起業しました。 自分の息子も不登校❗️フィリピンで子供を元気にする留学ビジネス企画中 ✨経験を音声やブログ毎日配信中

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


セブに住んで人生が変わったラジオ

最近の記事

  1. 入国に必要な資料と注意点

  2. ラプラプという裸の英雄

  3. フィリピンの命がけの選挙



阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間 ~命と向き合った被災記者たちの闘い~ スペシャル・エディション [DVD]
TOP