文化

フィリピンの誕生日パーティーはパリピ並みお祝いに込められた意味とは?

ここだけの話にして下さい。

今日は私の60歳の誕生日です。そこでフィリピン流誕生日の過ごし方を書いてみます。

フィリピンでもお誕生日はとても大切な日です。

代表的な特に大切な誕生日は2回

1歳の誕生日とデビューと呼ばれる18歳の女性の誕生日です。

1歳の誕生日は、発展途上国で日本より数倍0歳で亡くなるリスクの高い赤ちゃんが1年無事に過ごせて、きっとこれからも大丈夫とお祝いします。

そこで盛大なお誕生日パーティーが開催されます。お金がない人は得意の借金で開くんです。

招くのは近所の子供その日はお誕生日会場は大型保育園になるぐらい招きます。

これは将来自分の子供が困った時に助けてくれるお友達を作り始める日と考えるからです。

18歳の女性誕生日は、「もうお嫁に行けるぐらい立派になりました」のデビュー日です。

ドレスを新調してホテルで年頃の男性を招いてパリピーぱっぱらーと代わる代わる男性とチークダンスも踊れたりします。

これらは子供が将来困った時に助けてくれるのは「お金」ではなく友達だと信じている事の証。とってもWeb3的な考え方です。

フィリピン流お誕生日は誕生日の人が日頃の感謝の証に周りの人へ奢っちゃうんですよ。

お金のない人は、、、、、

私は借金などせず、静かに今日は禅でも組んで過ごそうかと思います。

「お誕生日おめでとう」は不要です、、、、、、(苦笑)

日本とは違う!?フィリピンの誕生日(誰でもヒーローHPより)

日本とは違う!?フィリピンの誕生日

 

竹原浩二

38歳の時サラリーマンを辞めセブ島でボランティアと旅行会社勤務経験🌈 現在フィリピン観光省大阪勤務🇵🇭経験を生かし留学案内を大学や旅行会社で講演👨🏻‍💻起業しました。 自分の息子も不登校❗️フィリピンで子供を元気にする留学ビジネス企画中 ✨経験を音声やブログ毎日配信中

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


セブに住んで人生が変わったラジオ

最近の記事

  1. クラークという素敵な街に来ています

  2. デビューの娘を前に思うこと

  3. 思いやりの心



阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間 ~命と向き合った被災記者たちの闘い~ スペシャル・エディション [DVD]
TOP