暮らし

Happy Happy Christmas

国民総発信者時代になり、うちのオフィスメイトのManaさんも私もSNSでフィリピンのニュースを発信しているのですが、今日のタイトルはManaさんに先を越された話題です。

今年はコロナで今一盛り上がりに欠けてしまいそうですが1年で最も大切なクリスマスについて話をしようと思います。

Ber Monthからクリスマスまで

フィリピンのクリスマス期間はBer Monthと呼ばれています。月のスペルにbarが着く(September、October、November、December)の4か月とロングランです。
もちろん国民の90%以上がキリスト教の国なのでイベントが盛りだくさんです。今日は日本で余り知られていないクリスマスの違い「長いと早い」を紹介します。

まず「長い」に関してですが、4か月前の9月から始まる事です。

本当に9月1日からガソリンスタンドでもショッピングモールでもBGMがクリスマスソングに変わり、グッズ特売コーナーが開設されます。
9月になった途端、人々は口々に「もうクリスマスシーズンだね。用意しないとね」と言い出します。
日本で言えば11月末ぐらいの盛り上がりです。実際にプレゼントも売れ出します。

クリスマス当日に一番盛り上がるのがエクスチェンジギフト(ギフト交換)ですね。
大家族が集結するので、うちの嫁は最低30個プレゼント用意しないと足りなくなります。
1か月で全てを用意出来ないから、9月ぐらいから少しづつ買っていきます。途中で買ったギフトを使ってしまう事も度々で、最終的に買いそろえるのは12月になります。

嫁は12月に帰国できない場合には、郵送で30個のギフトを海外の実家に大きな段ボールで送ります。

つぎに「早い」はクリスマスのミサ開始時間です。

23-25日の3日間がクリスマスみたいな雰囲気が日本にありますが、フィリピンは12月16日に始まります。つまり9日間がクリスマス期間になります。

ミサは「シンバン・ガビー」と呼ばれ、早朝3時ぐらいからの始まります。実はこのミサは世界中で行われていて、日本は朝の3時は無理ですから、夜の8時開始でミサをやって、嫁も必ず日本でもこのミサに参加してます。

この期間は「クリスマス・ノベナ」(スペイン語ノエベ=9)と呼ばれています。
皆がこの特別ミサに参加するのは9日間祈り続けると夢が叶うと信じられていているからです。

触れ合う嬉しさをかみしめて

フィリピンで印象深かったのは、会社のクリスマスパーティです。
正に真剣そのもの(笑)
11月半ばくらいから職場のリーダーがミーティングを重ねてクリスマスパーティ企画を進めていきます。
そして真剣にダンスやゲームの練習を行います。誰も練習に遅れない!就業時間中ですけど、、、

この時期に仕事は結構後回しにされるので、年明け回答になる事も珍しくない、、、
いつも「この熱心さをビジネスや政治に転用できれば、フィリピンは世界のリーダーに絶対なれる」と思ってました。

パーティで良いなと思ったのは従業員の家族も一緒に参加できる事です。
これは会社によっても違うかもしれませんがフィリピンは家族を呼べる会社も多いと思います。

「家族の為に一生懸命仕事をしている」、
「家族が仕事に集中出来るように支えてくれている」

と考えるからです。

だから毎年会社から従業員全員にクリスマスギフトが用意されていて、それはいつもクリスマス当日のディナーに欠かせないハムやチーズの詰め合わせだったりします。
決して高価なギフトではないけど、ギフトのハムで楽しい夕食を囲む事が出来ると言う「思いやり」が詰まっているので素敵ですね。

だから仕事も頑張れるのかもしれないですね。

夢中になれる幸せが一番強いのか

昔日本でケーキ屋さんで働いていた時は年間売上の大きな割合を占める12月、そしてクリスマスはいつもアルバイトとシフトの戦いでした。
有名なケーキ屋だったので憧れて可愛い女子が集まる職場で、だから皆には彼氏がいて当日デートしたい子を脅してシフトを埋める日々でした。

その日は「みんなの楽しいクリスマスを演出するケーキを売る晴れ舞台」であり、ビジネスの真剣勝負でしたから家族を顧みない日でもありましたが、充実していました。

一方フィリピンへ行ってからは、常日頃から周辺の人が温かく迎えてくれるその雰囲気が好きでした。
だからあまり寂しさを感じませんでしたし、結婚後は家族が出来て本当のクリスマスを味わう事が幸せでした。

どちらも「クリスマス」と言う日を、精一杯過ごす事が出来たと思います。。
仕事であっても、家族団らんであっても、充実を感じる事は出来るのだと思いました。

幸せの種類を考えてみる

今NiziUプロジェクトのユーチューブをぼちぼち見ています。コーチングにも役立つと聞いたからです。

見ていてふと、全てをつぎ込んで一生懸命やる事は幸せだと感じました。
数々の厳しいオーディションや課題を血のにじむ努力で乗り越えスターになっていく夢を掴む幸せです。

一方で、何も無くてもクリスマスを家族と過ごすだけで、フィリピン人はみんな幸せそうです
貧乏でも、豪華なギフトが無くても、ないない尽くしの中に幸せを見出しています。

対照的なのに、同じ「幸せ」で表す事が出来ます。

それは夢に向かって燃え上がる「情熱」とモノに溢れた日本人には難しい一見何もないところから幸せを見つける「才能」と言うの差のようなものだと思いました。
だけど共に人生を豊かに生きていく為にどちらも手にしたいものであり、それは自分だけでなく周りも同じ幸せにしていく魔法のような空気だと思います。

全く反対の過程で、同じ気持ちになるのは不思議だと思います。

でもこの2つの幸せは人生において両方必要だと思うんです。きっと片方だけなら心から満足はできないのじゃないかな?だから違いを分かった上で、自分の心を整えて感性を磨き、目標を掲げ真摯に取り組んでいく先に自分も周りも一緒に向かえるゴール、そんな幸せを目指したいです。

今年のクリスマスにも多くの笑顔を夢見ながら過ごしたいと思います。

フィリピンで見たトムハンクスが声優をしている心温まる映画「ポーラーエクスプレス」
雪のないフィリピンで雪のクリスマスを思いながら見ました。素敵なストーリーは是非お子さんとご覧ください

竹原浩二

竹原浩二

38歳の時サラリーマンを辞めセブ島でボランティアと旅行会社勤務経験🌈 現在フィリピン観光省大阪勤務🇵🇭経験を生かし留学案内を大学や旅行会社で講演👨🏻‍💻起業しました。 自分の息子も不登校❗️フィリピンで子供を元気にする留学ビジネス企画中 ✨経験を音声やブログ毎日配信中

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


セブに住んで人生が変わったラジオ

最近の記事

  1. 入国に必要な資料と注意点

  2. ラプラプという裸の英雄

  3. フィリピンの命がけの選挙



阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間 ~命と向き合った被災記者たちの闘い~ スペシャル・エディション [DVD]
TOP