文化

オリンピック前必見 フィリピン人気スポーツ雑学ネタ

たけ@不登校中学生父親✖️フィリピン留学エージェントです。

あっという間にコロナ優勢のオリンピックが始まりますね。

何とかアスリートの活躍でコロナに逆転して元気のでるオリンピックになって欲しいと願ってます。

なので今日はスポーツの祭典オリンピックを記念して、スポーツの話題を書いていきます。

オリンピックの歴史、豆雑学ネタ

近代オリンピックの第1回アテネ大会(ギリシャ)で1896年4月6日〜15日に開催されました。
古代オリンピック発祥の地で再開されたのです。

参加したのは欧米先進国の14ヶ国で選手は280人の男子のみで、古代オリンピックと同じ女子禁制だったそうです。

前回の第18回東京大会の開催は1964年10月10日〜24日 でした。この日から10月10日が体育の日として休日に指定されました。(現在は10月第二月曜日、名称もスポーツの日に変更)
アスリートの参加は5,152名(男子4,474名、女子678名)で日本は金メダル 16/銀メダル 5/銅メダル 8 の合計29個のメダルを手にしたのでした。

フィリピンで注目されるスポーツ

*ゴルフ

今回のオリンピックで必見なのは、なんといってもゴルフ全米女子ゴルフで優勝して優勝100万ドル(約1億1000万円)を手にした日本とフィリピンのダブル 笹生優花 さんですよね。
今回はフィリピン代表として参加されています。

天然で明るいキャラでみんなに愛される19歳です。

私の知る限りでは、もともとフィリピンってゴルフはそんなに盛んじゃない印象でした。
でもすごく力が入ってきたなと感じるきっかけは意外な所で韓国のアスリート留学です。
世界ツアーを転戦する中でアスリートが英語を話すことも必須という形で、韓国人がゴルフレッスン+英会話コースというプランで、かつてタイガーウッズもよくプレーをしたクラークで生徒を集めだしたことがきっかけでした。

これからもきっと盛り上がっていくと思います。
ともかく今は笹生優花さんが、フィリピンでは超アイドル級の人気なんですよ。

*バスケットボール

これは背がい低いフィリピン人なのに、都会から田舎までみんなバスケに夢中になっています。

田舎では、バスケットシューズなんて高いからみんなゴム草履とかで普通にやっています。でもめっちゃ走っても脱げないのは神業です。是非そこのレベルの高さも見て楽しんで下さい。

フィリピンは貧富の差も大きい国なので、誰でも簡単にボール一つで出来るバスケに人気が集まったという背景があります。

日本人の若者が現地の人とバスケをしたと言っていたので感想を聞くと
「個人の技術は本当に高い!でもチームプレーでなく自分が決めに行く人が多いですね、、、、」 納得(笑)

*ボクシング

ボクシングといえばパッキャオ!

6階級制覇してかつ来月8月21日にラスベガスで試合をする現役ボクサーは議員でもあり、来年大統領選に出馬するといわれています。

ミンダナオ出身で貧乏で学校にもまともに通えなかった若者がこぶし1つで成り上がり世界の王者まで上り詰めたフィリピンドリームに憧れて多くの若者が習う人気のスポーツです。

スポーツというより人生をかけて逆転大成功をねらう、人生のバトルなので迫力が違います。

パッキャオの現役で一番強かったころに、フィリピンに住んでた私は、彼の試合の度にフィリピン人が仕事も中断して全員テレビを見るので町が度々ゴーストタウンの様に静まる姿を体験しました。

そしてテレビ越しで見るパンチが空を切る時の風切り音がすごくてぞっとしました。
本当にそれぐらい圧倒的に強かったです。

コロナ禍で健康志向が重視されてきました。
なんとか来年は海外旅行も再開しそうだと思います。
ダイビングやサーフィンなどマリンすポーツ以外も楽しめるフィリピンでトライしてみてはいかがでしょうか?

お勧めゲームソフト
スイッチ リングフィット アドベンチャー

新垣結衣さんのキュートなコマーシャルだけでもイメージが良いソフトですね。

35度を超える危険な外でも運動を避けて、かつ運動不足を防ぐためにこれでしばらく痩せを狙いたいです。

竹原浩二

竹原浩二

38歳の時サラリーマンを辞めセブ島でボランティアと旅行会社勤務経験🌈 現在フィリピン観光省大阪勤務🇵🇭経験を生かし留学案内を大学や旅行会社で講演👨🏻‍💻起業しました。 自分の息子も不登校❗️フィリピンで子供を元気にする留学ビジネス企画中 ✨経験を音声やブログ毎日配信中

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


セブに住んで人生が変わったラジオ

最近の記事

  1. 入国に必要な資料と注意点

  2. ラプラプという裸の英雄

  3. フィリピンの命がけの選挙



阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間 ~命と向き合った被災記者たちの闘い~ スペシャル・エディション [DVD]
TOP